薄毛を進行させる髪型とは

長い間同じ髪型をしている人、同じ場所に分け目がある人
そして長髪の人でポニーテールのように1箇所でしばり続けている人は薄毛を進行させる可能性が高いです。

 

分け目の場合は同じ場所に紫外線が当たり続け、頭皮に対するダメージが大きいため定期的に変える必要があります。

 

また長髪を後ろで一つにしばっている人は頭皮の血流が悪くなりやすく

薄毛と髪型


毛を作る組織にダメージとなり抜け毛を進行させてしまうこともあります。

 

後退 生え際

 

このように頭皮を長時間引っ張り続けることによる薄毛を「牽引性脱毛症」といいますが
まずはこの頭皮が引っ張られる状態を解放しなければなりません。

 

しかし髪の長い人にとって毎朝違う髪型でしばるのは大変なことだと思います。

 

少しでも頭皮への負担を軽くするために髪をしばる時には少し緩めにしばりましょう。

 

また毎日ヘアスタイリング剤を使用して同じ髪型にセットすることも頭皮にはダメージとなります。
週末だけは使用しない日を作るなどして頭皮を休めるようにしましょう。

 

遺伝性の禿はげに有効な育毛剤は?

お酒と薄毛の関係とは

お酒を飲むと体の血管が拡張されて頭皮の血流がよくなることから
薄毛の改善効果が期待できます。

 

復活 生え際

 

更にストレス解消になったり、ぐっすりと眠ることができるなど
健康にも美容にも良い効果を期待することができます。

 

薄毛とお酒

しかしお酒を飲みすぎてしまうと体にはよくありません。

 

例えばアルコールは肝臓で分解されますが、その時にビタミンBを大量に消費すると言われています。

 

このビタミンBは育毛には大切な栄養素も含まれており
アルコールの分解で大量に使われてしまうと育毛のために使われなくなってしまいます。

 

防止 はげ

 

また肝臓で分解される時に発生する毒素が男性のAGAを起こす
男性ホルモンを多く発生させるとも言われています。

 

更にお酒に含まれている糖分の影響で頭皮に皮脂が分泌されやすくなります。

 

お酒の飲み過ぎは禁物ですが飲むのであればビールなら中瓶1本程度
お酒なら1合程度の適量にすることを心がけましょう。

 

またお酒の強さには個人差がありますので自分の適量をまずは把握することをおすすめします。

 

原因によって変わるはげの対策